体の負担を軽減させつつ自分にあったペースで進める糖尿病治療

医者
このエントリーをはてなブックマークに追加

恐ろしい病

医者

糖尿病の一歩手前の予備軍の方々が多いと言われておりますが、糖尿病の症状は様々あります。症状でも初期の段階ですと、のどの渇きや尿の回数や量が多い事です。大量のぶどう糖を排出するために尿の量が増えてしまい、体の中の水分が失われるためにのどが渇きます。また、食べているのに痩せていくのは、ぶどう糖が正常に利用されないので、慢性的なエネルギー不足になります。エネルギーが不足しますので、体のだるさや疲れやすいという症状も出てきます。これもぶどう糖が正常に利用されないためで、活動エネルギーが不足するわけです。これらの症状は、糖尿病の初期症状ですので、あまり深く考えないのですが、なるべく早めに治療をすることがいいようです。

糖尿病の症状は、初期の段階から含めますと色々ありますが、糖尿病の種類は大体4つのタイプに分かれます。1型、2型、境界型、妊娠糖尿病などがあります。日本では、2型のタイプが大変多く、実に95%がこちらのタイプになります。症状を抑えるには、初期の段階ですと食事と運動療法がいいようで、これ以上進行した場合は薬物療法が加わります。食事は、なるべくバランスのとれた食事をするといいようで、栄養素もよく考えて食事をするとなおさらいいようです。なるべく主治医の指示に従う方がよく、話をしっかりするのも重要です。運動は、あまり無理しないようにします。あまり無理をしますと、かえって逆効果になりますので、体にあまり負担がかからない程度にします。

発症リスクを知る

聴診器

体質によって、脳梗塞の発症リスクが変わってきます。どのような体質の方が、より発症するリスクを背負っているかを知っておきましょう。メタボリックシンドロームの方などは特に発症リスクが高いです。

もっと詳しく

脳の病気

診断

人が生きていく中で患う病気や疾患は数多く存在しますが、その中でも特に恐ろしいとされているのが体の指揮系統ともいわれている脳の病気なのです。脳の病気は様々な初期症状があるので見逃さないように注意しましょう。

もっと詳しく

がんの恐怖

ドクター

大腸がんを含め、脳腫瘍や肺がんはそれを取り除いてもがん細胞が既に全身に転移している可能性はゼロではありません。そのため、早いうちに見つけることが完治の鍵となります。

もっと詳しく