がんの恐怖|体の負担を軽減させつつ自分にあったペースで進める糖尿病治療

体の負担を軽減させつつ自分にあったペースで進める糖尿病治療

看護師
このエントリーをはてなブックマークに追加

がんの恐怖

ドクター

がんという言葉は、誰もが聞いたことのある病気の名前ではないでしょうか。日本人にとって、がんというのはとても身近な病気と言っても過言ではありません。なぜなら、将来的に日本人の2人に1人は何らかのがんに掛かると言われるほど、日本の国民病の1つといっても良い病気の1つでしょう。そもそも、がん細胞というのは細胞分裂でミスが起きた細胞のことを言います。どんなに健康な人であってもがん細胞は1日5000個以上できると言われています。でも、それがどうして大きな問題の病気にならないかというと私達の身体には、外からのウイルスや体内で発生した異常細胞のがん細胞を破壊して体の外へと排出する機能の免疫機能が常に働いているためです。そのため、がん細胞が発生していても免疫機能の防御機能が力を発揮してがん細胞を破壊してくれるのです。

若いうちは、身体の免疫機能は正常にそしてとても強力に働いています。しかし、免疫機能は年齢や生活習慣、ストレスといった様々な要因が重なって免疫能力が弱くなった時、がん細胞が免疫機能の能力を突破し大きな病気へと変化するのです。がん細胞が、免疫機能を超えて順調に進むと血管やリンパの流れにのって、身体の様々な場所へと転移を始めます。そのため、身体のあちらこちらに腫瘍ができるのです。脳腫瘍、肺がん、胃がん、大腸がんと身体のどこへでも定着して悪性腫瘍へと変わります。そのため、はじめて見つかった悪性腫瘍とその周辺組織を外科的治療の手術で取り除いたとしても、取り除けなかった細胞が残っていたり、血液やリンパに乗って様々な場所に既に転移していたりとするため気づいた時には全身に回っていたということが少なくないのです。