発症リスクを知る|体の負担を軽減させつつ自分にあったペースで進める糖尿病治療

体の負担を軽減させつつ自分にあったペースで進める糖尿病治療

看護師
このエントリーをはてなブックマークに追加

発症リスクを知る

聴診器

脳梗塞を発症しやすい人と、しづらい人がいます。自分がどちらにカテゴライズされるかを把握して、予防に努めましょう。血圧が高いという方は、脳梗塞の発症リスクが高いので注意が必要です。血圧は、血液が流れる際に血管にかかる圧力のことです。最高血圧が140mmHg以上、もしくは最低血圧が90mmHgの場合は高血圧と言われています。高血圧になってしまうと、血管への負担が急激に高まってしまいます。それによって、動脈が固くなる動脈硬化を引き起こしてしまいます。動脈が固くなると、閉塞のリスクが高くなります。高血圧と診断された方は、脳梗塞を併発するおそれがあるので生活習慣を見直しましょう。血液中の糖量が多い糖尿病の方も、脳梗塞の発症リスクが高いです。血糖値が高いと、血管に負担がかかってしまい、動脈硬化を促進してしまいます。また、糖尿病になることで血管壁内にアテロームができる確立が高まってしまい、それと比例するように脳梗塞のリスクも高まります。血中のコレステロールや中性脂肪が多い高脂血症の方も、脳梗塞の発症リスクが高いので警戒が必要です。悪玉コレステロールと呼ばれるコレステロールは、血管壁内に付着して硬化します。それによって動脈硬化を引き起こします。硬化した悪玉コレステロールが剥がれて血管内に流れだすと、脳梗塞を引き起こします。このような体質の方は、いつ脳梗塞になってもおかしくありません。特に、前述した症状の二つ異常が併発したメタボリックシンドロームの状態になっている方は、非常に危険です。定期的な検査と、予防・改善に努めましょう。